素朴な疑問…保育士になるための通信教育って役に立つの?

保育士試験に合格して、保育士として働きたい…そんな方の中には「日頃は働いていて、なかなかスクールに通う時間が取れないから、通信教育で学びたいんだけど…」という方も多いのではないでしょうか。しかし、通信教育で本当に合格できるのか半信半疑の方もいらっしゃるかと思います。そこで、保育士試験の通信教育について見てみましょう。

保育士試験の試験対策を行っている通信教育は数多くあります。多数の資格取得や技術修得のための通信教育を行っている会社もあれば、あくまでも保育士試験を専門として取り扱っている会社もあります。

いずれにせよ、保育士試験を知り尽くしたエキスパートによって編集された教材を使用するため、流れに任せてきちんと自分自身でスケジューリングしながら学習を進めていけば、合格に近付けることは間違いないでしょう。もちろん書店で販売されている参考書には載っていないような、より細かく、しかも最新の情報もしっかり学ぶことができます。

もし、学習していて分からないことに出くわした場合でも、メールや電話、ファックスなどを利用して質問することができる通信教育も多数あります。きちんと活用すれば、スクールに通っているのと大差ないほど、学習は充実したものになることでしょう。しかもスクールに比べて受講料も格段に安い場合が多いことも安心材料と言えます。

以上はあくまでも一般的な通信教育でも言えることですが、保育士試験のための通信教育ならではのメリットもあります。

保育士試験の最大の特色はやはり実技試験があることでしょう。言語、音楽、絵画製作の3つの分野から1つを選択します。学科試験に合格すれば、引き続き受験しなければならないのが実技試験なのですが、独学での合格を目指す方にとって、なかなか対策を練りづらい側面もあります。市販の参考書も実技試験の具体的な対策が書かれていないものも多いのです。

その点で通信教育は実技試験に強みがあると言えます。実技試験対策用のテキストや、実際にどのようにすれば良いのかといったことが収録されたDVDなども教材として揃っているところも多いのです。分かりにくい実技試験対策がしっかり出来るのも通信教育のメリットなのです。

また、学科試験についても10の科目から構成されていますが、部分的に合格し、残りの科目の合格を目指している方もいらっしゃるでしょう。通信教育の中には、不合格となり再試験する科目だけ受講できるというものもあります。苦手科目だけチョイスすることもできるなど、利用する上でのバリエーションも増えるでしょう。

通信教育のメリットばかりを取り上げてきましたが、当然ながらデメリットも存在します。保育士に限らず、どの通信教育についても言えますが、きちんとしたスケジュールがないために、自分自身できちんと試験当日までの学習のスケジューリングをしなければならないことが挙げられます。また、疑問点があって質問しても、すぐに回答が返ってくるわけではありません。

しかし、働きながらでも自分自身のペースで学習が進められるのはメリットですし、通信教育だけで保育士試験に合格した方もたくさんいらっしゃいます。要はきちんとカリキュラムに沿って、計画的に学習していくこと…これによって通信教育であっても、スクールに通うのと引けをとらないくらい高い学習効果を得られるのです。

意外と難関資格なのです!保育士試験の難易度って?

近年、需要が高まっていることで注目を集めている資格が保育士です。保育士の資格を取得するためには大学や短大、専門学校に設置されている保育士養成課程を修了するか、保育士試験に合格するかの道があります。後者の場合は受験基準を満たせば受験することができます。そのため独学や通信教育を利用することで、保育士の資格を取得した方々が、実際の現場で大いに活躍されています。

ところで、これから保育士試験を受けて、保育士を目指したいとお考えの方の中には、「保育士試験って難しいのかなあ…」と不安に感じる方も少なくはないでしょう。受験するかどうか、受験するとしたらどのくらい学習すれば良いか…など、難易度を知ることは今後の方向性を見定めることにもつながります。

単刀直入に言えば、保育士試験はけして少しの学習で合格出来てしまうほど簡単なものではありません。合格して、実際の現場で働くようになれば、大切なお子さんの命を預かるわけですから、保育に関する様々な知識が必要となります。実際の試験では細部の知識が必要となるような問題も多数出題されます。合格ラインは全科目6割以上の得点ですが、実際に学習を始めると、「こんなに難しかったのか」と言う方も多いのです。

世間ではとりわけ都市部を中心にして、お子さんを保育園に入れたくても定員オーバーでどうしても入園できない…つまり待機児童の問題が取り沙汰されています。そのため、保育士は世間のニーズも非常に高く、仕事に有利な資格としても一層注目されているのです。

また、保育士そのものが国家資格となったことで、保育士になりたいと希望している方への門戸は確実に広がりました。高まる保育士のニーズとともに、「保育士資格を取得して保育士として働きたい」という方は増えているのです。そのことで、保育士試験を受験する方は年々増加傾向にあります。

しかし、受験者が増えているからといって、年々合格率が下がっているかと言えばそんなことはありません。なぜならば、この保育士試験は大学入試などのように合格者数があらかじめ決められているわけではなく、合格のボーダーラインを超えていれば合格出来るためです。合格率は受験者数ではなく、むしろその年の試験の難易度に左右されると言えるでしょう。

そのため近年の合格率は20パーセント弱を推移しています。この数字を見るだけでも、けして楽に合格できるものではなく、きちんとした体系的な学習と知識の定着が必要であるということが分かるのではないでしょうか。

そもそも保育士試験は学科試験だけでも保育原理や社会福祉、子どもの食と栄養、保育実習理論など8つの科目から構成されています。幅広い知識が必要なのです。それらをまんべんなく学習し、合格できる力を養っていくためには不断の努力も必要となるでしょう。つまり、それだけ保育士試験の難易度はけして低くはなく、きちんとスケジュールを立てて学習していくことが大切なのです。

学科と実技の2つがある!保育士試験の内容とは?

保育士試験を受験しようとお考えの場合、受験資格を満たしているかどうかを確認し、問題がなければいよいよ合格に向けての学習に着手していくことになるでしょう。学習を始める前に、合格に向けてのスケジューリングをしていくためにも、具体的な試験内容をしっかり把握しておくことが先決となります。

まず保育士試験は年に1回のみ行われます。試験は学科試験と実技試験の2段階に分けて行われ、学科試験の全科目をクリアした人だけが実技試験に進むことができます。例年、学科試験は8月上旬に2日間に分けて行われ、9月に合否の発表があります。実技試験は10月に1日で行われ、最終的な保育士合格の発表は12月となります。

学科試験は8科目ありますが、合格の有効期間は合格してから2年間で、科目ごとに期間が設定されています。例えば、今年初めて試験を受け、学科試験が8科目中5科目で合格したという場合、その5科目は来年、再来年に行われる試験までは受験が免除され、2回分の試験に限り、受験するのは3科目になるというわけです。

前述のとおり、学科試験には9科目があります。すべての科目にはそれぞれに特色があり、試験範囲の広さを感じることでしょう。では、8科目の内訳を見てみましょう。

まずは保育とは何かという本質から保育所保育、保育所保育指針など保育を幅広い視点で見ていく「保育原理」があります。また、保育士というのは福祉の仕事であることから、福祉について幅広い知識を問う「社会福祉」、そして児童の家庭における福祉についての「児童家庭福祉」の科目もあります。さらに教育とは何かという基礎的な理論を問う「教育原理」や児童の教育とともにきちんと養護していくという原理・原則を問う「社会的養護」の科目があります。「教育原理」と「社会的擁護」は2科目で、1科目と言うくくりになっています。

以上の4科目はいずれも教育や保育、福祉といった根本的な部分の知識を問うものですが、残る4科目は実際の保育の現場に携わるに当たって、知っておかなければならない知識を問うものになっています。

「子どもの食と栄養」は栄養学の基礎となる部分から、子どもに特化した食生活や栄養についての知識が対象となります。「子どもの保健」では子どもが発症しやすい病気や起こしやすい事故に対する対応や対策に関する知識が問われます。「保育の心理学」は子どもに限らず、生まれてから死ぬまでの人間の一生における心の動きや成長についてがテーマになります。最後に「保育実習理論」は音楽、絵画、言語と最も実践的で実技試験にも活かせそうな内容からの出題となっています。

8科目の中で、「教育原理」と「社会的擁護」の2科目は、2つで1科目の扱いで、それぞれ30分の制限時間となっており、問題数も他の科目の半分である10問ですが、ともに6割以上というのが合格ラインとなっています。またその他は60分の制限時間で20問出題され、合格ラインも同じく6割です。

この学科試験をクリアすると、音楽、造形、言語の3科目の中から2科目を選んで受験する実技試験を受けることになります。音楽は指定された課題曲をピアノやギターなど指定の楽器で弾き語りをします。言語は昔話や童話を3分間と言う制限時間内に口演します。造形は45分の制限時間内に、当日発表される課題に関して色鉛筆などを用いて絵を描きます。

このように保育士試験は多くの科目から成り立っています。学習するに当たって、それぞれの科目ではどんなことを学ぶ必要があるのかをざっくり把握しておくことも、最初の取り組みとしては重要だと言えるでしょう。

独学で保育士資格を取得するために…テキストはこう選ぶ

受験資格を満たしていれば、誰でも資格を取得できる可能性があるのが保育士です。保育士試験の合格を目指して、それぞれが自分に合った方法を模索していくことになるかと思います。方法としては、専門のスクールに通ったり、通信教育を受講したりと様々でしょう。そして、中には誰にも頼らずに独学で保育士合格を目指すという方もいらっしゃるでしょう。

保育士試験を独学で合格することが出来るかどうかというと、もちろん可能です。独学で合格された方は数多くおり、実際の現場で保育士として活躍されています。独学で資格取得を達成するには、やはり何を参考書として用意するかが大変重要な要素となります。つまり、テキスト選びです。これこそが独学では合否を左右するカギになるといっても過言ではありません。

そもそも保育士試験は学科試験と実技試験の2つに合格しなければなりません。学科試験に合格しなければ、実技試験に進むことも出来ません。また学科試験についても10の試験科目があり、すべてで6割以上の得点がなければ不合格となってしまいます。

このことを踏まえて、保育士試験のテキストはいくつかの種類に分けられます。

まずは試験科目ごとに詳細な解説がまとめられているものです。全国社会福祉協議会から出版されている保育士養成講座テキストがまさにこれに該当します。基礎からしっかり学び、保育士になっても役立つ深い知識を修得したいとか、合格目標までに長い期間やゆとりがある場合にはぴったりでしょう。しかし、このようなタイプは受験科目分のテキストを用意する必要があり、コストがかかるというデメリットがあります。

次に、通信教育会社などが出版しているテキストです。この特徴はすべての科目が1冊、もしくは上下巻の2冊に分けられているために、たくさんのテキストを用意する必要がないという点にあります。また、過去の保育士試験のデータを踏まえて、良く出題されるテーマや出題が予想されるポイントがコンパクトにまとめられています。短期間で合格したいとか、まずはどのようなポイントが出題されるのかを知りたいという方には向いているでしょう。ただし、あまり内容が簡素すぎると、「受験したけど、テキストに載っていないことばかりだった」ということもあるため、注意が必要です。

その他のテキストとしては、過去問や予想問題が掲載された問題集や一問一答式問題集など様々です。またインターネット上では、スクールや通信教育で実際に使用されたテキストも数多く販売されています。

書店などの資格コーナーには保育士のテキストも所狭しと陳列されています。どれにしようか迷ってしまうかもしれません。まずはどのくらいの期間で合格を目指すのか、基礎知識があるかどうかなどの観点から、必ず中身を見て、これなら分かりやすいだろうというものを選びましょう。インターネットで口コミなどを参考にするのも良いでしょう。

ただし、あれもこれもとむやみにテキストを購入することは避けたいものです。シリーズを絞って、何度も反復して学習してこそ、本当に必要な知識が定着してくるのです。