保育園だけじゃない!保育士の就職先アレコレ

保育士の資格を取得し、その資格を活かして働きたいとお考えの方はたくさんいらっしゃるでしょう。そもそも保育士として働きたいから資格を取得した…そんな方も多いかと思います。

ところで、保育士の資格を取得したら、保育園で働くことができると思っている方は多いのではないでしょうか。確かに保育士といえば保育園のイメージが強いかと思いますが、保育士の資格を求めているのは保育園だけではなく、意外と活躍のフィールドは広いのです。

保育士の代表的な就職先として保育所が挙げられます。保育所は大きく分ければ公立と私立の2つがあり、公立の場合は保育士の資格だけでなく、公務員試験にも合格する必要があります。給与も安定しているメリットがあり人気です。私立の場合は認可保育所と無認可保育所があります。この場合は保育士の資格があれば勤務することが可能ではありますが、給与面では公立に比べると下がる傾向があります。

近年は「子どもを預かる」というのは保育所だけとは限りません。一般企業でもお子さんがいて、共働きの場合に、少しでも働きやすい環境を…と、託児所を設けているケースもあります。また、ショッピングセンターやイベント会場、スポーツ施設、デパートなどでは、託児所スペースを設置しているところも増えています。このような場所でも保育士の資格が求められているのです。

このような場合は一般企業への就職となります。企業の正社員として働けることになるため、給与面では私立の保育所に比較しても高くなる傾向もありまし。また、その企業の福利厚生を利用できるというメリットもあります。

次に児童養護施設や乳児院でも保育士は求められています。いずれも保護者がいないお子さんが対象となり支援や援助を行っていきます。児童養護施設においては虐待や保護者が疾病などで養育ができないという場合も含まれます。養育が困難という点では母子生活支援施設も保育士が必要とされている就職先です。

また、障害者の治療や支援、日常生活を送る上での指導を行っている施設も保育士を必要としています。例えば、情緒障害児短期治療施設や知的障害児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設などが挙げられます。

その他にも、児童館や児童遊園のように、子どもの健康増進と健やかな情操教育のために、健全な遊びを提供するために設けられている児童厚生施設や、不良行為をしたり、今後行う可能性がある児童を対象に指導や教育を行っていく児童自立支援施設、また児童の福祉に関するカウンセリングを行う児童家庭支援センターなども保育士が活躍できるフィールドとなっています。

保育士と聞くと、どうしても保育園で働くための資格と思われがちです。しかし、保育に関する業務は保育園だけでも細分化されているだけでなく、様々な施設もそれに付加されるため活躍のフィールドは非常に広いのです。保育士になったら、どんな道に進みたいかというイメージを持つことも大切だと言えるでしょう。

~就職が決まらず、生活が苦しい~
そんな時はレイクに決まり!即日融資可能で急な資金繰りも安心!

保育士を目指すなら…身に付けておきたいスキルいろいろ

「保育士として働きたい」とお考えの場合、今の保育士業界がどんなスキルを求めているかを知ることは大切です。保育士試験に合格することが、保育士になるための第一歩であることは間違いありませんが、そこから実際の求人に応募して面接を受けます。そこで採用されて初めて保育士として活躍できるチャンスをつかめるのです。

つまり、保育士の試験に合格はしたものの、いくら求人に応募しても、なかなか採用が決まらない…という場合、求められているスキルに達してないというケースもあります。そこを見直すことで、夢の実現に一歩進めることでしょう。

では、具体的にどのようなスキルが求められているのでしょうか。

保育士試験には実技試験があります。言語、音楽、そして絵画の3科目のうち2科目を受験します。学科試験が保育に関する幅広い知識が求められるのに対して、実技試験は果たして保育士として最低限のスキルを持ち合わせているか、保育士になるのに適切な人物かを判定しているのです。

言語であれば、指定された物語の読み聞かせを行いますが、子どもたちに興味を持って聞いてもらえる話し方かをチェックされます。音楽であれば、子どもたちが楽しく音楽に親しみ、正しい音やリズム感を身に付けられる演奏かをチェックされます。さらに絵画であれば、子どもたちの目を引き、こう描けば、自分たちが描きたいと思う絵が描けるのかという参考材料ともなります。

いずれにしても、これらのスキルは保育士試験の学習の中でも最低限身につくものです。保育士試験に合格したということは、最低限のスキルがあることを認められたということになります。後は実際の現場でどうそれを伸ばしていくかということになるでしょう。もちろんスキルアップしたいという意欲は採用される要因にも十分なりえます。

しかし、保育士に求められるスキルはこのような保育士ならではの技術だけではなく、人として、社会人としてのスキルも必要です。

例えば、コミュニケーションスキルは必須でしょう。お子さんと接するときに、オーバーアクションでも良いから注目してもらえるような大きな声と笑顔を見せられるか…楽しい雰囲気を自分から率先して作り出せるかは大変重要です。

しかし、このスキルは子どもが好きだから保育士になったという方は持ち合わせているかもしれません。保育士として働くのであれば、とりわけ最近は子どもの両親ともいかに上手くコミュニケーションを取るかも問われます。日常の出来事を正確に伝え、クレームの対応もきちんと責任を持って行える…子どもだけでなく大人に対してもコミュニケーションスキルを発揮できるかが重要なのです。

いかに子どもと一緒に楽しい時間を過ごし、一緒になって成長していけるかどうか…そのためには保育に関する知識や技能も大切ですが、先ほどのコミュニケーションスキル、さらには向上心や信頼できる人だと相手に感じてもらえるような身だしなみや言葉遣いなどの人としてのスキルも問われるのです。

絵は苦手でも合格できる!保育士実技・絵画のポイントとは?

保育士試験ならではの特徴として実技試験が挙げられます。言語、絵画、音楽の3科目から2つを選んで受験することになるだけに、「苦手なんだけど、選択せざるを得ない…」と、結果的には消去法で2つに絞る方も少なくはないかと思います。

「絵は苦手で、学生時代の美術の成績は悪かったけど、音楽はもっと苦手だし…」と、やむを得ず絵画を選んで、果たしてどうやって練習しようかと悩んでいる方も多いかと思います。そもそも、なかなか対策がとりづらいのも保育士の実技試験の特徴であり、それが悩みを増幅させているかも知れません。

しかし、絵が苦手であっても、けして悲観することはありません。この試験ではプロ並みのテクニックは求めていません。それよりも分かりやすい線や色使いが出来ているか、そして楽しく、子どもが喜んでくれそうで、しかも絵を描くことに興味を持ってもらえそうな絵を描くことが出来るかが求められています。

では、一体どのように練習をしていけば良いのでしょうか。

まずはインターネットなどを活用してみましょう。ネット上には合格した方々が実際に実技試験で描いた絵を掲載しているところもあります。どのくらいのレベルの絵を描けば良いのかという目安にもなりますし、合格するためには与えられた課題に対して、どのような構図で描けば良いかも掴むことが出来るでしょう。

また、実際の合格例を見ると、「すごく上手い」と感じるものもあれば、「この程度でも合格できるんだ」と感じるものもあるでしょう。もしかしたら、これなら描けるかもという自信がつくかも知れません。

保育士試験の実技試験・絵画は1つのテーマが出題され、それに沿った絵を色鉛筆などを使って描いていきます。45分間という限られた時間の中で、どんな絵にするか、構図はどうするかを決めた上で、大まかな線を描き、肉付けし、色を塗っていきます。時間内にきちんと最後まで描けるかどうか、さらにきちんとテーマや条件を満たしているかがカギとなります。

練習するにあたっては、まずは「これは描きやすいかも」という絵を選んで、真似をしてみることです。テーマは室内だったり、屋外だったり様々です。それぞれのバージョンを描くことで、土台となる背景パターンをつかめるでしょう。土台を描けば、あとはどんなテーマが出題されても対応できるのです。

また、登場人物についても、先生や子どもたちの服装パターン、走っているかしゃがんでいるかなどといった動きのパターンもつかんでおきましょう。男の子、女の子それぞれの服の色や仕草も押さえておくと良いでしょう。様々な絵を真似して描いてみることを繰り返す中で、徐々にパターンがつかめてくるかと思います。あとはそのパターンをテーマに合わせて配置すれば良いのです。

時折、先生や子どもたちだけでなく、動物も条件に含まれることがあります。子どもたちに人気のある動物も2~3種類程度描けるようにしておけば、さらにバリエーションが広がるはずです。

このように絵画の実技試験は何も苦手意識を持つことはありません。まずは真似をして描いてみること…そこから始めてみましょう。笑顔があふれる楽しそうな風景を描くことを意識すれば合格はきっと近づいてくるはずです。

ピアノは弾けないと諦める前に…保育士実技試験・ピアノの攻略法

保育士の実技試験には絵画、言語、音楽の3つのジャンルがあり、その中から2つを選ばなくてはなりません。保育士と聞くとピアノが弾けなければならない…そんなイメージが強かったかもしれません。しかし、ピアノが弾けない方は、あえて音楽を選択しないという方法もあります。

実技試験の音楽は、事前に発表されているして課題曲2曲を弾き語りします。使用する楽器はピアノだけでなく、ギターやアコーディオンも許可されています。したがって、自分が弾くことができる楽器を自ら選択することができるわけです。もしピアノが弾けなくても、ギターかアコーディオンが弾けるのであれば、それを選ぶという方法もあります。

また、課題曲といっても難解なクラシック音楽ではもちろんありません。保育園などで歌われており、広く子どもに親しまれている童謡が中心です。すでに指定の楽器が弾けるという方であれば、すぐにマスター出来るでしょうし、楽器が未経験でも、課題曲は事前に分かっているために、そればかりをひたすら練習すれば、合格ラインに十分到達できるでしょう。

例年、保育士試験では前述のとおり、3つのジャンルから2つを選ぶのですが、音楽は意外と合格しやすいと言われています。したがって、楽器が苦手という方々には敬遠されがちの音楽ですが、きちんと練習し、課題曲だけであっても弾くことが出来れば、合格の可能性は十分高まります。またこの経験は実際の保育現場でも十分役立つでしょう。

では課題曲となる曲をどのように練習していけば良いのでしょうか。

スクールや通信教育では実技試験対策もきちんと行っています。スクールでは弾き方の基本から学べる上に、実技の訓練もきちんと行えます。通信教育ではDVDなどの教材を利用して、弾き方から、実際の試験会場ではどのように弾き語りをすれば良いのかといったことが学べます。

では独学の場合はどうすれば良いかということになりますが、まずは自分の身の回りにピアノやギターが弾ける人はいないか、そして教えてくれる人はいないか探して頼んでみるという方法があります。特に家族にそのような方がいれば、費用もかからずに済むので、活用するに越したことはありません。

もし、身の回りに楽器ができる人がいないとか、いても、先方の都合が悪く、なかなか教えてもらえる時間がとれないという場合は、大人向けのピアノ教室を当たってみると良いでしょう。ピアノ教室の中には、保育士試験対策用の練習コースを設けているところもあります。ピアノは初めて…という方は、こういった場所を有効に活用するのも方法です。

後は、実際の保育現場にいる気持ちで、子どもたちに正しい音階を覚えてもらい、楽しく歌える雰囲気を作り出せるかどうかです。少々間違えても気にせず、明るく大きな声で、笑顔で弾き語りをするように心がけましょう。楽しい雰囲気を音楽とともに作り出せるかが、実技試験・音楽の決め手になるのです。