男性なんですが…保育士になることは出来ますか?

男性の方にも「保育士になりたい」という希望を持っている方も増えてきました。しかし、中には「男性でも保育士になれるのでしょうか?」という疑問を抱いている方もいらっしゃるようです。この疑問に端的に答えるならば、男性でも保育士になれますし、多くの男性保育士が現場では活躍しています。

確かに、保育士は女性の仕事というイメージは強いかと思います。かつては女性の職業であった時代もあり、一般的には「保母」という職業名でした。しかし、1985年に男女雇用機会均等法が制定されてからは、少しずつ男性の保育士…当時で言う「保父」が増えてきました。1999年に「保育士」という名称で固定され、2001年からは保育士試験が国家試験となってからは、男性保育士も増加傾向にあります。

保育園の中には、男性用の設備がなかったり、男性の採用した経験がなかったりといった理由で、男性保育士を敬遠しているところも確かになくはありません。しかし、保育にあたって、女性ばかりが担当するのではなく、男性が一部を担うことは意義深いと考える傾向が強まっており、その風潮も男性保育士が増加傾向にある要因でもあり、それはつまり保育士を希望する男性にも多くのチャンスがあるということにもなります。

男性が保育士として働ける環境は整いつつあるにもかかわらず、保育士を目指すにあたっての大きな弊害になっていることといえば、やはり収入面ではないでしょうか。

保育士は低収入の傾向にあることは、マスコミの報道で一度は耳にしたことがあるかもしれません。初任給は平均で18万円程度で、手取りとなれば13万円前後にまで落ち込みます。ボーナスを支払われたとしても年収は300万円を少し越えるくらいが一般的だとされます。

確かに、まだ独身であれば、このくらいの収入でも何とか暮らしていくことは可能かもしれません。しかし、これから先、結婚したり、お子さんが誕生して育てていかなければならないという場合には、なかなか保育士の収入だけで生活していくのは難しいのが大半ではないでしょうか。そのことが男性が保育士になりたくても、なかなかなれない要因にもなっています。

もし、男性が保育士を仕事として目指すのであれば、一つの方法として公立保育園への就職が挙げられます。私立保育園よりも公立保育園の方が安定して働けるだけでなく、とりわけボーナスの額に差があり、しかもその額に年ごとの変化が少ないのです。また昇給のペースも早いことから、ある程度、勤続年数を積み重ねれば、生活していくだけの収入を得ることは出来るでしょう。

また、私立保育園であっても園長にまで昇格すれば、年収も500万円を越えることは可能です。さらに保育士だけでなく、例えば臨床心理士やチャイルドマインダーなどの資格をセットで持つと、収入に反映されるケースもあります。

このように収入面が就職への壁になっている男性保育士ですが、これからは男性保育士が求められる時代でもあります。個人の努力も必要なのは言うまでもありませんが、収入面の壁を低くするような努力が国にも求められます。

間違っても落ち込むべからず…繰り返し学習が保育士合格への道

「保育士試験に合格するために、独学で学習を進めているけど、今の学習のやり方で実力がついているのか分かりません…」という不安を感じている方もいらっしゃるかと思います。また、「過去問や予想問題をやったら、もうめちゃくちゃ…。合格する気がしなくなりました」と、途方に暮れる方もいらっしゃるでしょう。学習を進めていくと、誰しも大なり小なり悩みにぶち当たるものです。

独学で保育士試験合格を目指そうという場合、まずは参考書を購入して、内容を学習していくかと思います。大事な部分はマーカーで色を付けたり、ノートにまとめたりといったことが主流ではないでしょうか。一通り、全科目を学習したら、続いて過去問や予想問題にチャレンジしてみて、実戦力を鍛えていくことになるでしょう。

保育士試験の中でもとりわけ学科試験に関して言えば、科目数が多く、すべての科目で合格ラインを越えなくてはなりません。それゆえに最初の方で学習した科目は、過去問や予想問題を解く頃にはもう忘れてしまっている…そのようなことも良くあることでもあります。したがって、実際に問題を解いてみると、「まったく解けなかった」とか「一度学習したはずなのに、まったく覚えてなかった」とか…そういった事態に見舞われてしまいがちです。

まずはテキストの内容を一通り学習することは大切です。それぞれの科目ではどのような内容が盛り込まれているか、特に重要なポイントはどこか…こういった知識を吸収していきます。その後に行う過去問や予想問題では、実際の試験形式に慣れ、また吸収した知識を定着させることが目的になります。

よくありがちなのが、「過去問を解いてみたけど、合格ラインを完全に下回ってるから、もう合格できない」と諦めてしまうことです。過去問や予想問題をしてみて、思うように点数が取れないからダメと勘違いしてはいけません。

そして、さらにありがちなのが、解説をさらっと読み流して、どんどん新しい問題にチャレンジしていくということです。以前間違えた問題がなぜ間違えたのかを曖昧にしたまま、次の新しい問題にチャレンジしても、結局は同じ結果に終わってしまうだけなのです。

過去問や予想問題を解いた際の点数は、あくまでも現段階での理解度を示す指標だと考えることが大切です。間違えたということはその分野が知識として定着していない、知識はあっても応用できていないということを示します。それゆえに、間違えた箇所は解説を参考に、しっかりと見直しましょう。次から次へと新しい問題を解くのではなく、間違えた問題を時間を置いて、間違えなくなるまで何度も繰り返し解くのです。

一度解いた問題を何度も解くなんて意味があるの…と思われるかもしれません。しかし、解説を読むことで一度は理解したつもりでも、時間を置くと忘れてしまっていることは意外と多いのです。「この問題、解答するのは2回目なのに、まだ合格ラインに届かない」ということもあるでしょう。

過去問や予想問題を解答して、その点数で一喜一憂しがちです。しかし、これは本番の試験ではないということ。だから間違えたって良いのです。大切なのは同じ失敗を繰り返さないように、間違えた部分の知識を定着させ、最終的にはその問題で間違えることがなくなるようにすることなのです。この繰り返し学習こそが、正しく体系的な知識を得られ、試験に強くなるポイントだと言えるでしょう。

保育士合格のために…スケジューリングとバランスが大切

保育士試験をスクールに通ったり、通信教育を受けたりする場合、その講座のカリキュラムにしたがって学習は進められます。そのため、試験日までの学習はある程度スケジュールに沿って行われていくため、その流れに乗っていけばいいでしょう。

しかし、独学となればそう簡単にはいきません。参考書や問題集は自分でこれだと思うものを選択して、揃えていかなくてはなりません。また保育士試験は学科試験、実技試験と2段階の試験であり、とりわけ学科試験は8科目と、その科目数が多いだけでなく、出題範囲も多岐に渡っています。だからこそ、試験日までを逆算しながらきちんとスケジューリングをし、なおかつバランス良く学習を進めていくことが合格へのポイントとなるのです。

例えば、学科試験について…8科目、しかもその分野は幅が広いのが特徴です。そのため、お買い求めになった参考書に記載されている最初の科目から順番に、しかも丁寧に学習を進めていくというのも、もちろん学習法として考えられます。しかし、この方法のデメリットは最後の科目を学習し終えるまで試験の大局が分かりにくいということ、そしてようやく最後の科目を学習し終えたときには、最初の頃に学習したことを忘れてしまっていることが多いということです。

一概にこれが正しいという学習法はありませんが、学科試験は科目数が多いという特徴があるため、まずは保育士試験の全体像をさらっと確認してみることから始めると良いでしょう。そうすれば、自分にとって理解しやすい箇所、難しいと感じる箇所がはっきりします。また、育児の経験がある方は「あっ、これ知ってる!」といった内容にも出くわすはずです。内容を飲み込みやすいところから始めると、学習がスムーズに進み、自信もついてくるでしょう。

また、「この科目は難しい…」と感じるところも出てくるかと思います。過去問や予想問題を解いても、どうしても合格ラインを越えられなかったり、ギリギリのラインで心許なかったりする科目…誰しもいくつかは、そんな自信のない科目があるものです。そんなときは、その科目だけより詳細に解説のある参考書を購入してみるのも良いでしょう。

このように、学科試験は1つずつこなしていくのではなく、まずは全体をざっくり見て、そこからじっくりと学習していくという流れでバランスをとりながら学習していくと良いでしょう。範囲も科目も多いだけに、全体像をつかむことが重要となります。

また、スケジューリングをする上では試験までの残り日数を考えた上で、まず学科試験のすべての科目の内容をいつまでに学習するか、そしていつから過去問や予想問題を解く、つまり実戦練習を行っていくかを考えると良いでしょう。学科試験と実技試験の間には期間があるため、まずは学科試験にすべてを集中し、それを終えてから実技試験の準備を始めても問題はありません。

まずは学科試験のスケジューリングを、科目全体、そして内容把握と実戦練習のバランスを考えながら立てていきましょう。特に独学の場合は、計画外の予定が入ってしまうことも多々あるため、隙間時間などわずかな時間を上手く活用し、世釣りを持たせながらスケジュールを立てていくことも大切です。

保育に関する最新情報収集も保育士合格のカギを握る

保育士試験は学科試験だけでも8科目で合格ラインを越えなくてはなりません。合格率も15%前後と狭き門でもあります。教育学や保育学、福祉学、栄養学などなど、すべて基礎となる部分が中心ではありますが、幅広く学んでいくことが必要となります。中には実践的要素も含まれているだけに、内容の暗記だけでなく、体系的に理解しているかを問われるケースもあります。

「去年、初めて保育士試験を受けたけど、一部の科目で不合格となり、改めて今年も残りの科目の合格を目指してチャレンジしようと思っているのですが、去年使った参考書や問題集をそのまま活用しても大丈夫ですよね?」という疑問をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。参考書や問題集もけして安いものではないだけに、去年のものを流用したり、古本屋などで昨年以前のものを購入したりして、出費をカットしたいという気持ちは確かに分かります。その方が節約になりますから。

しかし、保育士試験は毎年同じ試験範囲から出題されているように見えますが、最新の情報を元に作成されています。古くなった事柄を覚えていても、その知識は今となっては間違いになるためです。

保育士試験の参考書や対策本などは、毎年、その年の試験にマッチした内容に記述が変更されています。同じ出版社が販売している前年と同じタイトルの参考書でも、新しく現在の年に発行された参考書と見比べてみると、確かに概ね内容は同じように見えるでしょう。しかし、データに関して言えば、最新のものに入れ替わっている箇所もあったりと、細かな部分で変化があるものなのです。

また、保育士試験の中でも特に学科については、教育や保育に関する法律も数多く出題されています。法律は一度有効になると、内容はずっと変わらないかといえば、けしてそんなことはありません。実は現代の事情に即したものになるように、同じ法律であっても条文が追加されたり、文言が一部変更されたりと、加筆・修正がたびたび行われています。いわゆる法改正と呼ばれるものです。

保育士試験で出題される問題は、試験日時点での法律に基づいています。つまり、先ほどの質問のように、昨年使った参考書や問題集を使い回すと、最新の法改正に対応していないために、仮に法改正があったら、間違った古い知識を吸収したまま試験に臨むことになってしまうのです。

保育士試験では最新の時事問題が出題されることも少なくありません。古い参考書や問題集を使用していると、話題も古くなってしまうのです。そのため学習に当たっては法改正や最新の時事問題を頭に入れておくことが大切ですし、そのためには受験する年に準拠した参考書や問題集で学習するようにしましょう。

通信教育やスクールに通って保育士試験の学習を進める場合は、最新情報にのっとっているため安心です。独学の場合は法改正や最新時事問題を重点的に取り上げた参考書も販売されていますし、インターネットにも最新の法改正情報などが閲覧できるので、そういったものを有効活用しましょう。