リトミックとは?

子どもには限りない可能性や秘められた能力があります。それをどれだけ引き出せるかは保育をしていく上で大きなポイントとなるでしょう。ただし、それはある特定の能力ばかりを伸ばすのではなく、バランスを保ちながら総合的に伸ばしていくことで、より多くの可能性を引き出すことが可能にかるのです。

その方法の1つとして注目されているのがリトミックです。もしかしたらリトミックというフレーズを耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。しかし、中にはリトミックは音楽教育の方法で、音楽の能力を伸ばすためのものという間違ったイメージを持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そもそもリトミックとはスイスの作曲家であり、音楽教育家でもありエミール・ジャック・ダルクローズという人物によって生み出されました。音楽そのものは老若男女問わず、受け入れやすいものであり、子どもの教育にもプラスになると考えられました。リトミックを子どもたちの教育に取り入れていくことで、音楽の能力だけでなく、正しい生活習慣や情緒の安定、集中力など様々な方向性でプラスになるとされています。

人間が持っている基礎的な能力には様々あります。それは表現力であったり創造力であったり、さらには判断力や記憶力などが挙げられます。これらの能力に主体性や自主性などが加わることで、能力をさらに増幅させ、自分自身の内側だけでなく、外側に向けて発信ができるようになるのです。この力は今後、子どもたちが成長し、学生生活を過ごしたり、社会人として働くようになっても大いに役立つものであり、必要な力であるともいえます。

今はまだ小さな子どもでも、いずれは成長し、大人になり、社会へと巣立っていくわけです。リトミックは子どもがまだ小さいうちから、社会で生活していく上で必要な力を引き出していくことができる能力開発方法です。もちろん子どもに社会の仕組みを教えるわけではなく、音楽を通して楽しく身に付けていこうというものなのです。

では、リトミックをどのように取り入れていけば良いのでしょうか。

その上で大切なのは、対象をきちんと理解することです。保育園の場合でも、とりわけ何歳児クラスを対象にするのか、楽器も活用するのか、週に何回行うのか、グループ単位で行うのか…なでが挙げられます。年齢によっても、リトミックを行う場面によっても、吸収できる能力には差がありますし、もちろん現在持っている能力のレベルにも差があります。これらをしっかり把握してカリキュラムを組んでいくことが大切です。

今、注目されているリトミックには民間の資格も存在します。また、リトミックに関する知識を持っていることは保育士として働くに当たってプラスとなり、スキルアップにもつながります。また、これから保育士として就職活動を始めたいという場合にも、リトミックのスキルはきっとプラスに働くことでしょう。保育士として働いている方も、これから保育士を目指す方も修得しておきたいのがリトミックなのです。

1.英単語の覚え方とゴロあわせゲーム、コジたんの英単語Love
英単語をスイスイ覚えたい。ユニークな学習法を真似しちゃおう。

2.子供のイヤイヤを解決!お遊び育児のすすめ
赤ちゃんの困った!に答えてくれる。ママの味方のサイト。

3.ピアノ教室ねっと
ピアノの上達は先生との相性が決め手!先生はここで探そう。

4.英語子育て - 3才で英検5級合格! -
子どもの英語教育の情報満載!大人でも役に立ちそう!

5.[転職で年収アップ!]介護・福祉関連の求人情報サイトの活用方法!(介護福祉士、ホームヘルパー、ケアマネージャー、派遣)
介護職で収入アップをねらうならココ!アドバイスが満載!

6.丸山なをピアノ教室
やさしい先生のピアノのレッスンを受けよう!親子で割引も!

7.オンラインで楽しく英会話上達・オンタノ英会話
英語の勉強が長続きしなかった人も、ここなら楽しく続けられる!

8.[リトル・ママ東京]ママのための育児・子育て情報交換ひろば
ママ友ほしい人必見!楽しいイベントの情報も満載!

9.保育センター クスクスちゃいるど
子どもを楽しく安全な保育所に預けたければここ!短期も大歓迎!

10.資格の大百科辞書
資格でキャリアアップしたい!あなたに合った資格を見つけよう。

11.託児・育児のTKチルドレンズファーム金沢校
質の高い幼児教育が魅力。ここならお仕事しているママも安心!