少子化の時代だからこそ求められる保育士

近年は、いわゆる戦後直後に生まれた団塊世代が60代中盤から70代に差し掛かり、その一方で長らくの少子化と長寿の影響もあって、日本は超高齢化社会となっています。子どもの数が減っていることは日本にとっては大きな問題で、将来が危惧されています。

しかし、少子化が進むことで保育士の需用は高まる傾向にあります。そう聞くと、矛盾を感じる方も少なくはないでしょう。ところが、実際にニュースや新聞などで「待機児童」がとりわけ都市部で多いという報道を耳にしたことがある方も多いでしょう。子どもを保育園に入れたくても入れられない…だから、保育園の定員に空きが出るまで待っているしかない現状があるのです。

保護者が共働きをする傾向が強まっていることも、待機児童を生み出す要因となっています。もちろん女性の社会進出が目覚ましいという現在の社会状況もありますが、とりわけお子さんがいらっしゃるご家庭では、両親ともに働かなければ、育てていくのに必要な収入を得られないという現状もあるのです。

前述のように、現代は少子化でありながら、共働き世帯が増えているために、保育園に対するニーズはどんどん高まっています。しかし一方で、その高まる需要に供給側が追い付いていないのです。つまり、保育園に入れたいという保護者は増えていても、受け入れるだけのキャパシティもなければ、保育士の人手も足りていないという問題があります。

このことは国からすれば問題かもしれませんが、保育士を目指す側からすれば、就職や転職を実現できる大きなチャンスであるとも言えます。需要がある今だからこそ保育士は狙い目の職種なのです。

保育士試験こそ保育士になるための道になる

かつて、保育士と言えば、大学や短大、専門学校で、保育士になるための教育を受け、修了する必要がありました。しかし、2001年からは保育士試験という新しい国家試験が誕生し、受験の条件を満たせば、受験することができるようになったのです。これによって、「過去に保育士としての勉強をしたことがないけど、保育士になって働きたい」という方でも、保育士として活躍できる可能性が出てきたのです。

保育士試験は年に1回行われます。学科試験と実技試験の2本の柱から成り立っており、両方とも合格しなければ、資格取得ということにはなりません。例年の合格率も15パーセント前後と、けして易しい試験ではなく、体系的に学習していく必要もあります。

学習方法はスクールに通ったり、通信教育を受講したり、さらには完全に独学でチャレンジしたりと人によって様々です。まずは保育士試験とはどのような試験か、そしてどのように学習を進めていけば良いか、さらには保育士試験合格後の就職活動はどう行っていけば良いか…保育士になるチャンスをつかむための道筋を詳しく解説していきますので、ぜひ参考にして、合格、そして就職という目標を実現しましょう。

仕事は辛い…でもやりがいも大きいのが保育士の大きな魅力

保育士の仕事はモンスターペアレントの相手をしなくちゃいけなくて、家に帰っても、翌日の教材を夜遅くまで作らなくちゃいけなくて、それでいて月給が安い…と、不満がたまっている方もけして少なくはありません。しかし、保育士の仕事を続けている方の多くは、子どもと接するという保育士ならではの仕事にやりがいも感じています。日頃の不満も子どもの成長や笑顔で吹き飛ぶ…そんな方も多く、それが保育士の魅力でもあるのです。

では、実際に保育の現場で働いている保育士は、どのような点にやりがいを感じながら、日頃の仕事を行っているのでしょうか。

まずは、やはり子どもたちの笑顔や素直な喜びという点が挙げられるでしょう。元気良く「おはようございます」という挨拶をされたり、大人では当たり前のように思えることでも、子どもにとっては新鮮で、それが喜びや感動となって表情に現れる…そんな素直な感情表現に保育士側も喜びを感じるものです。

多くの子どもの成長を肌で感じ取ることが出来るのも保育士の大きな魅力でしょう。毎日何か新しい発見をしたり、出来なかったことが出来るようになる瞬間があります。成長すれば、当たり前のように出来ることであっても、誰もが通り過ぎる最初で最後の出来るようになった瞬間。これはその子どもの人生において貴重な成長の1ページであり、その瞬間に自分もいて、成長の喜びを共有できるのは保育士の醍醐味でもあります。

こうして、たくさんのお子さんと日々を暮らしていくことで、親しげに甘えてきたり、「これが出来るようになったから、先生見て!」と、自主的に話し掛けてきたり…そうした日頃のつながりが、子どもと保育士との間で強い絆になることもあります。これは卒園したら終わり…もちろんそういった場合もありますが、今後に渡ってずっと覚えてくれる子どももいるでしょう。多くの子どもの人生の1ページに自分がいる…保育士は非常に夢のある仕事でもあるのです。

喜びを感じるのは子どもからだけではありません。お子さんを預けている保護者から「いつもありがとう」とか、「おかげさまで安心して共働きできています」とか…そのような気持ちを伝えられても、やはり喜びやモチベーションにつながります。自分自身の仕事が社会にすごく貢献している…そんな達成感を味わうことが出来るでしょう。

確かに、保育士として働くことはけして平坦な道ではありません。何かと困らせるような子どももいるでしょう。何かにつけてクレームを行ってくる保護者もいるでしょう。困難なことも多い上に、安月給であることに不満を感じることも多いはず。

しかし、辛いことばかりではなく、やりがいを存分に感じられることも多々あります。達成感や喜びを感じられること、それが未来に結び付くこと、社会にも貢献していること…保育士の仕事は現在から未来へ、お子さんの成長を感じられる夢のある仕事です。だからこそやりがいも味わうことが出来るのです。

事前に必読!保育士を目指す際に心がけたい面接のポイント

保育士試験に見事に合格し、晴れて保育士になれた…しかし、実際に保育の現場で働くためには就職活動を始めなくてはなりません。保育士就職に合格しただけで、すぐに仕事が始められるわけではなく、あくまでも保育士として働ける資格を得たに過ぎません。今までは資格がなかったから諦めていた就職・転職を、合格を機に実現できる可能性が膨らんだことになります。

ハローワークやインターネットの就職情報サイトなどには、保育士募集の求人が数多くあります。また派遣会社でも、登録しておけば、自分自身の希望に沿った案件を紹介してくれるでしょう。自分から進んで動き出せば、様々な求人を発見出来るでしょう。そして、その中から仕事内容、給与、自宅からの通勤時間など様々な点を考慮して、「これだ!」と思うものに応募することになります。

その後は書類選考や面接を経て、採用されれば、ようやく保育士として現場で働ける…つまり、保育士の資格を活かせるようになるのです。ただし、言うまでもなく保育士の資格を持っていれば、面接も簡単に通過でき、すぐに採用になるというわけではありません。面接では「あなた自身の仕事に対する熱意」や「ここで一緒に働きたいと思わせるか」、さらには「応募した保育園のカラーに合っているか」などを総合的に判断されます。

では、就職活動をするに当たっての面接のポイントはどのような点にあるのでしょうか。

面接で聞かれる内容は、保育士だからといって、一般企業の就職面接と大きく変わることはありません。資格を持っているからといって、質問内容が少ないとか、すぐに終わるということもなく、あなたが相手がほしいと思っている人材にマッチングしているかを、面接を通して判断するのです。

保育士の場合はとりわけコミュニケーション能力や清潔感、明るさに重点を置くケースが多くあります。面接では面接官の質問に対して、聞きたいことをきちんと話してくれるかどうか、聞き取りやすく、しかも笑顔で受け答えしてくれるかどうか、言葉遣いに丁寧か…このような基本をしっかり押さえることが大切です。

面接では様々な質問を受けるでしょう。しかし、どこの面接でも良く聞かれるお決まりの質問というのもあります。例えば、代表的なものとして志望動機や、この保育園を選んだ理由、自分自身の長所や短所、どんな保育士になりたいか、保護者からクレームがきたらどう対処するかなどが挙げられます。また、もし転職の場合はなぜ退職したか、過去の仕事の中で自分はこれを達成したと思えることや苦労したことは何か、といったことが質問されるケースもあります。

良くある質問に関してはどう答えるか、事前に回答を考えておき、面接のイメージを具体的に膨らませておくと良いでしょう。面接では緊張し、頭では思い浮かんでも、言葉がなかなか出てこないということもあるでしょう。頭が真っ白になってしまうこともあるかも知れません。しかし、笑顔を忘れずに、つとめて明るく、そして挨拶をはっきりと行うことを心がければ、あとは想定したイメージを面接の場で活かすだけです。就職活動で何度か面接を繰り返すことで、ある程度慣れてきたり、パターンも出来上がってくるでしょう。面接の基本を守り、きちんと自分のアピールをできるような準備をすることが大切です。

保育士になるには…紹介会社や派遣会社を利用する手もある

保育士としてどのように働くかは、それぞれのワークライフバランスによっても変わってくるでしょう。保育園などの正社員としてバリバリ働きたいという方もいらっしゃるでしょうし、隙間時間を利用してパートやアルバイトで働きたいという方もいらっしゃるでしょう。

かつて、仕事のあり方というと正社員かアルバイトかのいずれかを選択するというのが一般的ではなかったでしょうか。しかし、今ではそれぞれの生活に適した働き方を求める方も多いのではないでしょうか。また、「いきなり正社員だと、自分がその職場で働いていけるかが不安…」という方もいらっしゃるかと思います。

保育士としての仕事を探すに当たって、ハローワークや求人情報誌などの媒体を思い浮かべるかもしれません。しかし、もっと視野を広げてみると、紹介会社や派遣会社を利用してみるというのも手段の1つなのです。

インターネットを活用すれば、保育士の仕事を紹介してくれる紹介会社が数多くあります。それは大手企業が保育士の案件紹介も行っているというケースもあれば、保育士に特化して紹介しているというケースもあります。

ただ、共通して言えることは、まず紹介会社に会員登録をし、自分自身の希望する条件を指定すれば、その条件に合致した案件を紹介してくれるだけでなく、面接に向けての段取りもしてくれます。条件については、どのような働き方が良いか、時間帯や休日、通勤時間など細かく指定ができるのも魅力です。

派遣会社についても同じことが言えます。ただし、紹介会社は最終的には自分自身と勤務先が直接契約となりますが、派遣の場合は、自分自身と勤務先は直接契約せず、あくまでも間に派遣会社が入るため、自分自身と派遣会社、派遣会社と勤務先の2つの契約がそれぞれ結ばれます。給与も派遣会社から支払われますし、福利厚生も派遣会社のものが適用される仕組みです。

派遣会社の給与は仕事内容によって差があるものの、パートやアルバイトと変わらないか、若干高めといった傾向にあります。しかし、正社員のようにボーナスがあるわけではありません。希望する勤務条件をきちんと伝えておけば、自分自身に合った働き方が出来るのが魅力です。

派遣会社から紹介される案件の中には紹介予定派遣と呼ばれるものもあります。これは一定期間は派遣社員として働き、契約満了のタイミングで双方の合意があれば正社員として働くというタイプのものです。

いきなり正社員として働くのには不安がある…という方もいらっしゃるでしょう。職場環境がまったく分からないまま、正社員として保育園に飛び込むことは不安要素も確かに大きいと思います。しかし、何ヵ月間か、まずはお試し感覚で働いてみて、「ここなら正社員としてずっと働けそうだ」と思えるならば、もちろん相手となる勤務先の判断もありますが、合意すれば正社員として働くことができるのです。

このように保育士として働くには、紹介会社や派遣会社もうまく活用すれば、ゆくゆくはしっかり定着できる仕事場を見つけることが出来るかもしれません。

保育士になるためには…持っておきたい資格とは?

人材不足に悩む保育業界にあって、保育士という資格が脚光を浴びています。しかし、保育士の資格を持っているだけで、なかなか仕事先が決らなかったり、さらにステップアップしたいとお考えだったり…そんな方々に保育士とセットで持っていると、より役立つ資格を紹介しましょう。

まずは何と言っても幼稚園教諭の資格です。近年では幼稚園と保育園が機能を1つにした幼保一元化の動きもあります。したがって両方の資格を持っていれば、それだけ幅が広がり、就職にも有利になっていきます。ただし幼稚園教諭は保育士のように国家試験があるわけではなく、保育士としての一定の実務経験がなければ認定試験を受けることが出来ず、合格率も低い難関資格です。

お子さんの保育に関わる資格として近年注目されているのがチャイルドマインダーという資格です。保育園は集団での保育をメインにしていますが、個別、もしくは少人数での保育を主体としているのがチャイルドマインダーです。自宅で託児所を開くということも可能でなので、自営業として保育現場に携わりたい方には人気があります。指定機関の講座を修了し、試験に合格すれば取得可能です。

チャイルドコーチングは子どもの主体性を伸ばしていく環境を整え、サポートしていくことができる資格です。チャイルドコーチングの認定を行っている団体の検定に合格すれは取得できます。子どもの心理にも迫る仕事であるためカウンセラー的要素が強い資格と言えるでしょう。

このように子どもに直接的に関わる資格だけでなく、幅広く心のケアを行ったり、支援をしたりといった資格も、保育士と合わせて取得すれば、就職に有利となったり、スキルアップにもつながります。

例えば、近年は虐待される子どもの数が増加傾向にある中で、心のケアを行ったり、保護者の相談に乗ったりといった仕事を行う社会福祉士も人気があります。また、自閉症などの発達障害をもつ子どものケアや支援を行える臨床発達心理士も注目されています。

さらに、近年では英語学習がより注目される傾向にあります。国際化が進む中で、早いうちから英語に親しめる環境作りが求められる時代です。そのため、保育園の中には英語教育にも力を入れ、それを特色としているところも増えています。

この傾向から、最近では英語ができる保育士は優遇されるケースも増えてきました。英検やTOEICなどを受検に、ある程度の成果を残していれば、保育士としてのスキルアップにつながるのです。さらにリトミックも大きな注目を集めている技術です。

保育士の資格だけでは保育園に就職するのは難しいと感じても、保育士に加えて、セットで持っていると有利になる資格を取得することで、幅は一気に広がるでしょう。特に年齢的な問題からなかなか仕事が決らなかったり、男性だから…と敬遠されがちだったりといった場合にこそ、資格によって専門性をもたせることで、あなた自身の個性となり、強みにもなるはずです。資格は能力を証明できるものであるがゆえに、きっとその力を就職でも仕事でも、いかんなく発揮してくれることでしょう。